WiMAXの回線のエリア判定をしておこう

ポケットWiFiという名前はソフトバンク株式会社の商標

ポケットWiFiという名前はソフトバンク株式会社の商標ですが、大体「3G回線あるいは4G回線を使ってモバイル通信を行なう」時に必要となるポケットに収まるようなWiFiルーターのことを指すと言えるでしょう。

「モバイルWiFiを買おうと思っているけど、無制限・高速モバイル通信として注目を集めるWiMAX2+(ギガ放題)とBroad WiMAXが提供するポケットWiFiのどっちにしようかなかなか決断できない。」と言われる方を対象に、両者を比較していますので是非ご覧ください。

「速度制限が為される理由は何か?」と申しますと、モバイル用の回線に一時に集中的な接続がありますと、そのエリアで通信機器類を使用中の全ユーザーが、繋げられなくなるとか速度が落ちてしまうからなのです。

どのタイプのモバイルルーターにも3日3GBか1カ月7GBの速度制限規定が設けられています。だけど常識を逸脱した使い方さえしなければ、3日間で3GB分使うことは滅多にありませんから、そんなに危惧する必要はないと思います。

今の段階ではWiMAX2+のサービスエリアとはなっていないと言われる方も、今現在購入できるWiFiルーターであれば、以前のWiMAXにも繋ぐことができるようになっていますし、月額1055円は必要ですがオプション料金を支払うことで、「au 4G LTE」にも繋ぐことができるようになります。

WiMAXの回線が利用できるかどうかはエリア判定を確認することが大事

WiMAXの回線が利用できるかどうかは、UQコミュニケーションズがネット公開している「サービスエリアマップ」を見たらわかるはずです。怪しい時につきましては、「ピンポイントエリア判定」を利用すれば判定可能だと思います。

自宅では、ネットに接続する際はWiMAXを使用しています。最も重要な回線速度につきましても、全くイライラを感じる必要のない速度が出ています。

モバイルルーター関連のことをいろいろ閲覧していると、頻繁に目にするのがWiMAXのキャッシュバックキャンペーンなのです。プロバイダーの中には、3~4万円もの高額なキャッシュバックを謳っているところも見かけます。

戸外だったりマイホームでWiFiを利用したいと考えているなら、モバイルWiFiルーターが必要かつ重宝するでしょう。現段階で非常に好評のWiMAXとBroad WiMAXを様々に比較してみたので、よければご覧になってみてください。

WiMAX2+と言いますのは、平成25年から売り出されることになったモバイル通信サービスなのです。WiMAXと比較して通信速度などがアップし、何社ものプロバイダーが斬新なWiMAXとして、頑張って販売しているというわけです。

WiMAXモバイルルーターと称されるもの

WiMAXモバイルルーターと称されるものは、WiMAXのモバイル通信網を有効活用して、パソコンとかタブレットなどのWiFi機能が装備されている端末と通信回線を繋げる為の小さな通信機器なのです。

「ポケットWiFi」と言いますのは、「Broad WiMAXが取り扱っている全WiFiルーター」というのが正解だと言うべきなのですが、「外出中でもネット環境を齎してくれる端末すべてを指す」のが普通です。

LTEと一緒で高速モバイル通信が可能なWiMAXという通信規格も今の流行りです。総じてノートパソコンなどで利用するという人が多く、「時と場所に関係なく高速通信ができる」というのがセールスポイントです。

「WiMAX」「格安sim」「Broad WiMAX」全てを購入対象にして、それらの強みと弱みを押さえた上で、利用状況に即したモバイルルーターをランキング一覧にしてご案内します。

LTEというのは、今までの3Gを「長期的に進化させたもの」だとされ、近未来に登場することになっている4Gへの変更をスムーズに進展させるためのものです。このため、「3.9G」とも呼ばれています。